一般歯科、小児歯科、インプラント、審美歯科、矯正歯科をお探し方は、清水歯科クリニックまで

歯周病・予防歯科

歯周病とは 『歯を守りましょう』

歯周病とは歯周病(歯槽膿漏)は、歯肉炎と歯周炎の2つに大きくわけられます。

歯周病は日本人の約8割がかかっているといわれています。
入れ歯になる最大の原因も歯周病です。

歯周病の初期段階では痛みや腫れなどの自覚症状がなく、いつの間にか悪化していたというケースが少なくありません。
放置すれば歯茎や顎の骨など歯を支える組織全体が破壊されるため、歯並びが悪くなり、ひどくなると歯が抜け落ちてしまうこともあります。
歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。

むし歯を予防するだけではなく、歯周病の予防も重要です。
歯周病の直接の原因は、プラーク(歯垢)です。
プラークは虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりで、歯周病はそのなかの歯周病菌がひきおこす病気です。

プラークは歯みがきを怠ったり、みがき残しがあるとできてしまい、菌が異常に繁殖し、それらが産出する毒素や酵素によって、歯周組織の炎症や歯槽骨の吸収を引き起こします。
その細菌を取り除くことで、歯周病は防げるのです。

歯周病を予防し、美しい口元や、健康な歯を維持するためには、毎日の歯磨きと、定期的なクリーニングが必要です。


歯を守る予防歯科

歯を守る予防歯科多くの方が歯科医院に行って治療していることは、ほとんどすでに手遅れになったものばかりです。

定期的な検診やきちんとした歯磨きをおこなうだけで虫歯や歯周病にならずにすみます。

これからは歯を治す時代ではなく、きれいで健康な歯を保っていくことがより重要になってきます。
当院では、患者様の歯を守るためにも予防歯科に力を入れています。


PMTC

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略語です。

簡単に言えば、"プロによる歯の清掃"のことです。
歯科衛生士によって器具とフッ素入りペーストを用いて全ての歯と歯ぐきの上と下に溜まっているプラーク(細菌)を機械的に除去する方法で、自分のブラッシングでは管理しづらい部分などの隅々の汚れを除去します。

歯周病治療を受けられてきた方はもちろん、健康な歯と歯ぐきを維持していきたい方全ての方に必要とされるお口のクリーニングです。


ページトップへ